気になって仕方がない白髪…あなたが白髪染めするとき、何を使っていますか?

大半の方は、クリームタイプや泡タイプの白髪染めを使っていると思います。

しかし、自分で染めるのって、大変な手間だし、頭皮を痛めてしまうこともあります。

頭皮のダメージを考えると、理想としては、できる限り回数をおさえて白髪染めをするべきなのです。

でも白髪が目立つは許せない!!すぐ染めたい!という方もいます。

そこでおすすめするのが、『白髪染めシャンプー』です。

白髪染めシャンプーなら、面倒な手間と頭皮を傷つける悩みを同時に解消できます。

今回は『白髪染めシャンプー』の効果的な使い方をご紹介します。

ポイントは、です。

白髪染めシャンプーは手軽さを求めた商品

自分で白髪を染める場合・・・

お風呂に行って、ハケで丁寧に薬剤を塗って、時間をおいてから洗い流す、という手順が一般的です。

この一連の流れを面倒に感じて、いろいろな白髪染めを試している人も多いはずです。

「あ、思い当たる」という方、白髪染めシャンプーを試す価値がありです。

白髪染めシャンプーは名前の通り、シャンプーと白髪染めが一体になった商品で、とにかく手軽さを追い求めた結果、開発され、発売されました。

ただシャンプーは髪の汚れを落とすために作られたヘアケア剤で、髪を染める白髪染めとは大きくかけ離れています。

たしかにこのふたつをかけ合わせれば、使い勝手のいいものになりますが……

「本当にしっかり染められるの?」と不安を感じる方もいます。

まずは「白髪染めシャンプーで白髪を染めることができる理由」から紐解いていきましょう。

ヘアマニキュアのような成分が入っているシャンプー

そもそも白髪染めは、白髪をきれいに染めるために、ヘアマニキュアのような成分で作られています。

ヘアマニキュアはハケで塗っていくタイプで、白髪につけて数分放置すれば、黒く染まる特徴があります。

そしてこのタイプは、髪の毛の表面につけて染めていくものなので、頭皮に薬剤がつくと黒く染まってしまうデメリットがあります。

つまり、こういった成分が使用されている白髪染めシャンプーであれば、白髪をしっかり染めることができます。

また、シャンプーとしての洗浄成分も含まれていて、頭皮や髪の汚れを落とす役割も持っているため、シャンプーとして日常的に使用することができるメリットがあります。

洗浄成分が入っているから1度では染まらない

白髪染めシャンプーで白髪染めができるってことは…「一回使うと頭皮も黒くなってしまうでは?」と不安に思う方もいるでしょう。

ご安心ください。白髪染めシャンプーは頭皮が染まらないように作られていますので、1度使ったくらいで頭皮が染まることはありません。

シャンプーの洗浄成分が入っていることと、ヘアマニキュアの染まり方を考慮して、すぐに染まらないようになっています。

さらに頭皮が染まらない対策として、配合バランス、ヘアマニキュアの染まる成分を控えるといった対策がされています。

そのため、「白髪染めシャンプーを1度使っただけでは、白髪が思ったよりも染まらない」ことも考えられます。

汚れをしっかり落としてから使わないと染まらない

白髪染めシャンプーは、ヘアマニキュアの成分から作られていて、表面にコーティングをして髪の色を染める仕組みです。

そのため、頭皮に皮脂などの汚れが残ったまま白髪染めシャンプーを使ってしまうと、あまりきれいに染まらないことがあります。

こういった頭皮の状態は、一般的な白髪染めでも染まりにくいのですが、白髪染めシャンプーの場合、それ以上に染まらないことがあります。

このことは白髪染めシャンプーにシャンプーの役割があるため忘れがちですが、キレイに白髪染めするために普段のシャンプーを使い、頭皮や髪の汚れを落としてから使いましょう。

ちなみに白髪染めシャンプーでも、汚れを落とす成分は入っているので、汚れを落とすために2回シャンプーをしても効果はあります。

しかし汚れ具合によっては、うまく染めらないこともあるので、一般的なシャンプーで頭皮や髪の毛をきれいにしてから使用するのが効果的です。

白髪染めシャンプーの使い方を紹介

シャンプーするだけ白髪染めができる白髪染めシャンプーは、一般的な白髪染めと比較して、格段に手軽にできるのがメリットです。

ただし、やみくもにシャンプーすれば良いわけでありません。

白髪染めシャンプーの実力を十分に発揮するには、正しく使うこと必要があります。

スタイリング剤をつけているならしっかり落とす

上記でも紹介しましたが、白髪染めシャンプーを効果的に使うには、まず表面の汚れを落とす必要があります。

特に「スタイリング剤を使用しているときは、入念に洗わないと洗い落とすことができません。

そのため、白髪染めシャンプーを使う前に、洗浄力のあるシャンプーを使って汚れを確実に落とす必要があります。

特にスタイリング剤を多量されていケースであれば、しっかり落とすためにシャンプーを2回しても良いでしょう。

とくにかく「頭皮、髪の毛の汚れをしっかりと落とすこと」が大切です。

この手順を怠ると、白髪染めシャンプーの100%の効果を発揮でできないことを、しっかりと覚えておきましょう。

白髪染めシャンプーをしっかり泡立てて使うのが基本

次にシャンプーの仕方です。これは普段シャンプーするときにも効果的でですので、ぜひ実践ください。

まず髪の毛を濡らし、濡れたままの状態で、白髪染めシャンプーを手に出して、髪の毛につけて泡立てください。

ポイントは「泡をしっかり作る」ことです。

こうすることで、白髪染めシャンプーの成分が髪の毛に浸透しやすくなりため、白髪が染まりやすくなります。

しっかり泡立てる」こと。とにかくこれが大切です

放置する時間を計算して、洗い流す前に体を洗ってしまう

従来の白髪染めも、放置する時間が決められていますが、白髪染めシャンプーでもそれは同じです。

ただし、白髪染めシャンプーには洗浄成分が入っているため、あまり長時間放置するのは頭皮にあまりよくありません。

商品によって違いますが、指定される時間を考慮して、白髪染めシャンプーを洗い流す前に、体も洗ってしまうと効率的です。

すべての泡を洗い流したら完成

時間がきたら、とくにかく流し忘れがないように、しかりと洗い流しましょう。

しっかり洗い流すことで、白髪がどれくらい染まっているか、確認ができるようになります。

また髪の毛がパサつくようなら、トリートメントをつけましょう。

トリートメントは髪の毛の膜となってバリアの役割になるため、色が抜けるのを防ぐ効果があります。

また白髪染めのもちを長くするメリットもあります。

白髪染めシャンプーの効果。ちょうどいい頻度は週1程度!

すこし残念な話しですが、白髪染めシャンプーは、一般的な白髪染めに比べたると、手軽さでは圧倒的に優れていますが、染まるという点では劣っています。

しかし、白髪染めシャンプーを上手に使えば、白髪に不満を感じることなく生活を送ることも可能です。

使い始めは染まりにくい!10日までは毎日1回は使うのがコツ!

白髪染めシャンプーに含まれるヘアマニキュアの成分は、最初のうちは白髪が染まっているとあまり効果を感じることができません。

それは白髪の白色部分に表面から色をつけていくので、うっすらしか染めらためです。

また白髪染めシャンプーは、頭皮にもベッチャリ薬剤をつけて染めあげるため、この色がついた層が分厚いと毛穴のつまりの原因となります。

こうならないように白髪染めシャンプーは作られています。

シャンプー1回分なら、イメージとしては、色がついたフィルターがちょっとついただけの色しか染められないわけです。

何度も使うことでこの色付きのフィルターが何重にもなって、白髪が黒くなっていきます。

そのため、スタート時はよく染まるように毎日使用していくと、10日前後で白髪が染まってきます。

このように継続的に使用しないと、色のフィルターが落ちてしまい、白髪が目立つようになってしまいます。

染まってきたら週に1回程度に切り替えてOK

うまく色が定着した後は、週に1回の白髪染めシャンプーでも、色が抜けづらくなってきます。

こうなると手間もかからず、白髪染めシャンプーのメリットを最大に享受することができます。

ただし、白髪染めシャンプーの使用をやめてしまうと、徐々に色が抜けて白髪が目立つようになってきます。

そのため白髪染めシャンプーを使うのであれば、短期でやめてしまわず、中長期で使用することが費用対効果も高く、手間もかからずおすすめです。

ハケを使うのが面倒なら白髪染めシャンプー!毛先の染まりは微妙!

とにかく白髪染めに時間を取られたくない…という方におすすめなのが、『白髪染めシャンプー』です。

ただし、使い始めの数日は、面倒でも毎日続ける必要があることは、覚悟しておきましょう。

また、個人的な感想となりますが、毛先の染まり具合はちょっと不満に感じることもあります。

そんなときは、手軽にできる部分染めを併用するのがおすすめです。

とは言うものの、一旦色が定着いてしまえば、手間が一気に激減するのが『白髪染めシャンプー』です。

「白髪染め面倒!」という方は、『白髪染めシャンプー』はぜひ試してください。

業界初!1本で4役!オールインワンケアができる!

敏感肌、アレルギー性の方も安心!3種のテスト済。

『マイナチュレカラートリートメント』の公式サイトマイナチュレカラートリートメントはこちら。