市販から通販までさまざまな種類の白髪染めが販売されていますが、うまく茶色に染まらないんだけど・・・と言う悩み。

いろいろ白髪染めを試してみたけど、茶色に染まらないどころか、何度も薬剤をつけていたら髪の毛が痛んでしまった…という悩みも・・・。

こんな経験された方!あなたのやり方間違っていますよ!・・・というわけではありません。

実は『白髪染めは明るい茶色に染まらない』のが原因なのです。

そもそも白髪染めをして明るくするのは難しい!

髪の毛が白くなれば白髪になりますが、白という色は1番明るい色です。

白色は無駄な色が混ざっていない状態で、髪の毛を染める際に、これが重要な鍵になってきます。

とくに白髪染めをするときは、大きな問題となります。

白髪染めが染まる原理を知れば、すぐにわかります。そもそも髪の毛を白から黒にするだけでも大変なのです!

美容室の白髪締めでも明るい茶色に染めるのは難しい!

「でも市販の白髪染めは簡単に染まるけど…」という人は、今の日本の技術はすごい!と思ってください。

もともと外国では白髪染めというのは、今の日本よりも劣っており、とくに「茶色に染めたい」という要望すら、プロである美容師さんは断っているようです。というより茶色の染めたいという人が、ほとんどいないのですがね…。

それは髪の色が金髪だからで、日本人は黒色だから白髪染めが発達したという見方が正しいでしょう。

しかし日本の美容師さんは勉強熱心で、本来無理である白髪染めで明るい茶色に染められるように研究していたんです。

そして一部のカラーに詳しい美容師さんは明るく茶色に染めたいという人の要望通りに、きれいに染められるようになりました・・・

しかし、独自技術ですからすべての美容師さんが染められるものでありません

中には日本の美容師さんですら、断ってしまうケースも少なくありません。それくらい白髪染めで明るい茶色に染めるのは難しいんです。この現実をまずは頭に入れておいてくださいね。

じつは世界的にもすごい技術だった…!白髪染めの原理!

世界的に難しい白髪染めを作った日本は、髪の毛が黒いからこそ、その技術ができたわけです。

しかしそれでも白髪染めで、明るい茶色に染めたい…という要望に、今の美容師さんはすべて答えられないでいます。

これは以下の原理で白髪を染めているからで、この原理を使っていると、染められる色にも限界がきてしまうんです。

暗めの茶色だと染められますが、それだとわかりにくくて、不満になってしまいますよね。

まず白髪を黒くするように染める

白髪染めを塗ったあとに、薬剤はまず白くなった部分を、暗くしていくように作られています。つまり白から黒に徐々にしていくわけです。そうでないとどんなものでも、髪に色が出ません。

白は1番明るい色だといったので白は0だとすると、0にいくら数字をかけても数字は0のままです。

しかし白髪染めは黒を入れられるので、+の役割があると思ってください。もちろん徐々に髪の色が変わっていくので、そのあたりも調整ができるようになっています。

同時に髪を明るくして茶色にしている

徐々に黒になっていくわけですから、途中から茶色を入れられるようになるんです。

黒が加わると0が1となっていくわけですから、数字をかけると大きくなっていくのがわかるでしょう。

つまり白髪を染めるには土台となる色が必要であり、白髪染めはそれができるように作られています。徐々に髪を暗くしていきながら、茶色を染められるというわけです。

しかし同時に暗くなっているわけですから、いくら色を入れたとしても色全体が暗くなってしまうので、明るい茶色にできません。

暗くなるという部分さえなければ、白髪を明るくできますが、その調整が難しいわけです。

茶色に染めたいのなら白髪染めとヘアカラーを使う

このように白髪は白だからこそ、明るい色にしにくいという現状があるため、染めるのが難しくなっています。

現役の美容師さんですらお手上げですが、時間をかければ白髪を茶色に染められなくもないんです。

もちろん長時間頭皮に薬剤をつけている状態ですから、頭皮へのダメージの心配があることは頭に入れておきましょう。

ちなみに白髪染めの時点で、頭皮がピリピリしている人は、この方法で染めてはいけません。アレルギーになってしまう可能性がありますよ。

原理どおりにするなら白髪染めを使う

まず白髪はどの薬剤を使っても色が変わらないので、白髪染めで黒にしてしまいましょう。

もちろん真っ黒にする必要はなく、普通に白髪染めを使っても問題ありません。

ただし黒染めといわれる、真っ黒にしてしまう薬剤を使ってはいけません。

これは完全に髪の毛を黒に染め上げるものであり、髪の毛を明るくできなくなるヘアカラーです。脱色しても色があまり変わらないので、絶対に確認してから薬剤を選びましょう。

そしていつも通り白髪染めで髪を黒くして、きれいに薬剤がなくなるまで、洗い流してください。

洗い残しがあると次に使う薬剤が邪魔をして、髪が明るく染まりません。

染まった髪の上から髪を明るくするヘアカラーを塗る

きれいに洗い流したら、念のためタオルで髪の水気をなくしてから、次に希望の色のヘアカラー剤を塗ります。このヘアカラーとはおしゃれ染めのことで、若い人が髪を明るくするタイプの薬剤です。

じつはヘアカラーは髪を明るくするのに特化したもので、黒を白に近づける特徴を持っています。白髪染めとヘアカラーを分けているのはこのためで、白髪の人がヘアカラーを使ってもうまく染まりません。

しかし白髪染めをしてからヘアカラーで染めたら、髪が黒くなっているわけですから、髪が明るくなるわけです。最初に塗った黒くしたところだけを、先に塗ってから時間をおいてください。

時間がきたら洗い流すと無難!明るさをチェックしてから毛先を塗ろう!

じつは白髪染めの部分は、髪を黒くしているわけですから、若い人と同じような塗り方をしていたら失敗してしまいます。

つまり黒くなった部分は、何もしていないところより、明るい茶色になるまで時間がかかってしまうわけです。

そこで髪の色がしっかり茶色になっているかどうか確認するために、時間がきたら1度洗い流してしまいましょう。そして明るくなっているか鏡を見てチェックしてみてくださいね。

明るくなっていないのなら、もう1度薬剤を白髪染めした部分に塗って、明るい茶色に近づくまで染めてしまいましょうね。ちなみに洗う前に明らかに明るくなっていないようなら、放置する時間を長くとるのもひとつの方法です。

明るい茶色に染まったら、毛先にも塗って色を合わせるといいでしょう。

最後に髪を洗ったら完成です。美容師さんでも難しいこの方法ですが、セルフで髪の毛を明るくできて、おしゃれを楽しめますよ。

髪を茶色に染めたいのなら髪の毛が痛む覚悟で挑戦する

白髪染めで茶色に染めたいという要望は、プロである美容師さんでも断られるほど難しいものですが、髪を白髪染めで髪を染めてからヘアカラーで染めると茶色にできなくもありません。

つまり場合によったら2回以上染めるケースもあり、髪の毛や頭皮が痛んでしまう覚悟が必要です。

とくに頭皮は長時間薬剤をつけた状態になっているので、そのあとのケアもしっかりしておくほうがいいでしょう。

炎症を沈めてくれる育毛剤のような、頭皮ケアができるものを、あらかじめ準備しておくと安心ですよ。

業界初!1本で4役!オールインワンケアができる!

敏感肌、アレルギー性の方も安心!3種のテスト済。

『マイナチュレカラートリートメント』の公式サイトマイナチュレカラートリートメントはこちら。